「自由の帝国」でのStayHome令

2019年12月24日、未解決の症例から採取された検体を解析するため、ビジョン・メディカルズという解析専門の会社に、武漢中央病院はこの検体を送付した。3日後、同社は今まで見たことのない新型コロナウイルスであるという結果を同病院に報告した1。新年から1月にかけて、世界は中国で流行が起きる可能性に備え始めた。

習近平国家主席が初めてこの件について公式声明を発表したのは、1月20日であった。

3月11日、114カ国が118,000人の感染者と4,300人近くの死亡者を報告しており、WHOは世界中にパンデミックが起きていることを公式に宣言した。

Patrick Semansky, AP / Xinhua

ウイルスの初期では中国の過失によってどれだけ状況が悪化したか、それ自体を審議するべきだろうが、アメリカにおける新型コロナウイルスの対応は、世界の中でも劣悪である。しかし、今日はこの大災害というべきアメリカの対応と政治の影響を考察したいと思わない。むしろ、アメリカ社会で最も重要と考えられる「個人の自由」によるアメリカ人の外出禁止令に対する反発は、私にとっては驚きではないことに焦点を当てたいと思う。

Continue reading

Stay-at-Home Orders in the Empire of Liberty

On December 24, the Central Hospital of Wuhan sent a fluid sample from an unresolved clinical case to be sequenced by Vision Medicals, a private company specializing in sequencing analysis. Three days later, the company came back to the hospital with news of a new kind of coronavirus.1 Over the new year and into January, the world began to prepare for the possibility of an epidemic in China.

It was not until January 20 that President Xi Jinping would make his first official statement on the matter.

On March 11, with 114 countries reporting 118,000 cases of the virus and nearly 4,300 deaths, the World Health Organization officially declared the world was in the midst of a global pandemic.

Patrick Semansky, AP / Xinhua

While the early mishandling of the virus by China is a topic that warrants an examination all its own, the mishandling of the coronavirus in the United States is in a separate league of complete and total ineptitude. But rather than retread the details and politics of this colossal screw-up (how big a role partisan politics played in the scale of this pandemic cannot be overstated), I would instead like to focus on how the unique American perspective on individual freedom and personal liberty made the visceral anger towards stay-at-home ordinances and mask mandates by the American public entirely predictable.

Continue reading